・所在地:大阪府羽曳野市古市5丁目

・時 期:6世紀初頭
・時 代:古墳時代後期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:宮内庁治定

【概要】
宮内庁により「古市高屋丘陵(ふるちのたかやのおかのみささぎ)」として第二十七代安閑天皇の陵に治定されている。古事記では「河内之古市高屋村(こうちのうるちのたかやのむら)にあり」とされている。

古市古墳群に属し、その最南端に位置する6世紀初頭に築造されたものと考えられている前方後円墳で、「安閑天皇陵」とも呼ばれる。室町時代後半に畠山氏の居城である高屋城の本丸が置かれ、元々の形態が大きく改変されている。

墳丘長122メートル、前方部の幅100メートル・高さ12.5メートル、後円部径78メートル・高さ13メートル。

安閑天皇は、第二十六代継体天皇の子。継体天皇に次いで即位したが、子をなさなかったため、崩御後に同母弟に第二十八代宣化天皇が即位した。天皇家の系譜も参照。

古事記でも具体的な事績の記述が少ない天皇の一人。父の継体天皇の陵は太田茶臼山古墳(大阪府・茨木市)に、実弟の宣化天皇の陵は鳥屋ミサンザイ古墳(奈良県・橿原市)に、異母兄弟の第二十九代欽明天皇の陵は梅山古墳(奈良県・明日香村)に、それぞれ治定されている。

古事記に記載はないが、皇后は第二十四代仁賢天皇の皇女・春日山田皇女とされ、古事記においてはカスガノオダノが該当する。その陵墓がこの古墳のすぐ近く、高屋八幡山古墳で、宮内庁により「古市高屋陵」として治定されている。

世界遺産への登録を進めている百舌鳥・古市古墳群のリストにおいて、「安閑天皇陵古墳(あんかんてんのうりょうこふん)」として、前方後円墳(122m)、NO.F44で設定されている。百舌鳥・古市古墳群のリストにおける古市古墳群のリストも参照。
高屋築山古墳(大阪府・羽曳野市)
【関連サイト】
高屋築山古墳 - Wikipedia

【関連記事】
高屋神社(羽曳野市) - 物部系の高屋連の本貫地、明治に合祀も昭和に復社、安閑陵近く
世界遺産候補「百舌鳥・古市古墳群」から、被葬者が古代天皇のものを抽出して人物紹介した
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群
清水神社(真島町) - 真島の地の蔵王権現、古市の里、式内は合祀の水戸神か?