古代研究 列島の神話・文化・言語
・刊行:2012/10/10
・著者:三浦佑之
・出版:青土社

・『古代研究 列島の神話・文化・言語』をアマゾンで購入

東北からアイヌへと小鳥になった人と伝承と河童の起源を追い、ミトノマグハヒの秘密や埴輪と殉死の関係を解き明かし、ヤマトやイヅモの神話を語り直す…。

古事記の世界をはるかにこえて、いまだ「日本」という国がかたちすらなかった古代の列島の姿を丁寧にひも解き、わたしたちの知らない失われてしまった太古の人びとの文化や言葉を鮮やかによみがえらせる、三浦古代学のひとつの到達点。

【関連記事】
三浦佑之『口語訳古事記 完全版』 - 古事記の原型に近い「語り」を生かした口語体
三浦佑之『古事記講義』 - 四つのテーマから古事記の神話・伝承の深みに迫る
三浦佑之『古事記を旅する』 - 『口語訳 古事記』の著者が案内する決定版ガイドブック
三浦佑之『古事記(100分 de 名著) ムック』 - 日本の成り立ちや文化的特性を探る
三浦佑之『面白くてよくわかる!古事記 (日本の神々を知る大人の教科書)』
三浦佑之『古事記を読みなおす』 - 列島に底流する古層の語りとしての古事記