古事記神話を旅する人代篇 (洋泉社MOOK)
・刊行:2014/1/10
・著者:-
・出版:洋泉社

・『古事記神話を旅する人代篇 (洋泉社MOOK)』をアマゾンで購入

編纂1300年、2013年は出雲、伊勢の両大社の式年遷宮が行われ、俄然注目を集める『古事記』。そんな『古事記』に登場する神々は日本各地にさまざまな足跡を残している。豊穣なる神話の舞台、神々の聖跡を訪ねめぐり、豊富で上質なビジュアルとともに「はじまりの物語」を読み解くタイムトリップ読本第二弾、人代篇。

〈巻頭グラビア〉いにしえの王権に思いを馳せる旅へ

全国『古事記』ゆかりの神社一覧

【神代篇】ダイジェスト

PARTI 神代から人代へ

天孫ニニギの降臨
海幸彦と山幸彦
初代天皇の誕生
【ルポ◎宮崎・鹿児島】天孫が降り立ち、初代天皇が生まれた『古事記』ゆかりの地の宝庫
【ルポ◎出雲】60年ぶりに遷宮を終えた〝聖地〟出雲大社を訪ねる

三輪山伝説と天下平定
【ルポ◎奈良・三輪】三諸の神奈備・三輪山に〝神が祀った神〟を訪ねる
【ルポ◎伊勢】皇祖神アマテラスを祀る神宮が人々を惹きつける理由

PARTII 「古事記」の歩き方
スペシャルインタビュー/三浦佑之 『古事記』のむこうに見えるもの

「八百万の神々と天皇」大辞典

PARTIII ヤマトをめぐる道
サホビコとサホビメの反逆
ヤマトタケル英雄伝説
【ルポ◎岐阜・三重】百戦錬磨の勇士・ヤマトタケルの〝死の彷徨〟のルートを辿る
【ルポ◎神奈川・千葉】ヤマトタケルを海難から救った妻・オトタチバナヒメの幻影を追う

神功皇后の新羅遠征
【ルポ◎敦賀】第14代仲哀天皇と神功皇后の御子・ホムダワケゆかりの〝けえさん〟を訪ねる

聖帝オホサザキの治世
【ルポ◎大阪・奈良】聖帝オホサザキとその息子たち、「倭の五王」の命運を決した竹内街道を行く

血塗られた天皇家の歴史
【ルポ◎奈良・葛城】血塗られた天皇家の歴史と葛城族興亡の謎を探る

復讐の兄弟オケとヲケ
【ルポ◎兵庫・奈良・滋賀】 復讐の兄弟オケ・ヲケの足跡を追う

<特別付録>もっと旅したい古事記
ぜひ訪れたい博物館篇

column
〝欠史八代〟とその時代
「斎宮」が果たした重要な役割
ヤマトと出雲を結ぶ「宗像三女神」
タブーである近親相姦が語られる理由
神々が出雲に集う「神在月」
『古事記』と『風土記』の関係

【関連記事】
『古事記神話を旅する (洋泉社MOOK)』 - 神代篇、「古事記」の歩き方