言霊百神
・刊行:2014/6/1
・著者:小笠原孝次、七沢賢治
・出版:七沢研究所

・『言霊百神―古事記解義』をアマゾンで購入

伝説の名著、45年間の封印を解く! 初めて古事記の謎を解明! 世界の混乱は思想の混乱である。思想の混乱は思想を以てしては解決し得ない。

すべての思想を生み、生まれ出てすべての思想となるところの更に高次元の知性の出現を必要とする。摩尼と呼ばれて来たこの高次元の中枢の知性の原理を開明することが世界人類刻下の急務である。三千年来人類に封印されていた、人類の精神の基本原理、種智を開顕して科学文明に生命あらしめて、第三文明時代を実現する指導書。

■目次
・開闢
・識の原因原律
・創造意志
・創造の序曲
・世界は一つ
・天津磐境
・大行
・創造の失敗
・布斗麻邇の所在
・いろは歌
・子音の意義
・島生み
・我と人類
・子音の創生
・種智
・しめ繩
・音の整理
・父韻の所在
・言の葉の誠の道の樹立
・犠牲
・人間の境涯と言語の段階
・神代文字の原理
・四つの比礼
・黄泉国
・絶妻の誓
・原
・ヨブ記
・禊祓(一)
・禊祓(二)
・百神構成の概括
・禊祓(三)
・三貴子の誕生
・日の少宮