大神神社方面から山辺の道、そして檜原神社へ - ぶっちゃけ古事記
奈良県桜井市三輪1330

訪問日:2014年10月16日午後

玄賓庵(げんびあん)を後にして、さらに山辺の道を進むと、檜原神社の南側に到着。

檜原神社の境内の様子です。
檜原神社の境内の様子 - ぶっちゃけ古事記
檜原神社のご由緒。写真をクリックすると大きな写真で確認できます。
檜原神社のご由緒 - ぶっちゃけ古事記
一部抜粋すると、下記のようになっています。

大神神社の摂社「桧原神社」は、天照大御神を、末社の「豊鍬入姫宮」(向かって左の建物)は崇神天皇の皇女、豊鍬入姫命をお祀りしています。

第十代崇神天皇の御世まで、皇祖である天照大御神は宮中にて「同床共殿(どうしょうきんでん)」でお祀りされていました。同天皇の六年初めて皇女、豊鍬入姫命(初代の斎王)に託され宮中を離れ、この「倭笠縫邑(やまとかさぬいむら)」に「磯城神籬(しきひもろぎ)」を立ててお祀りされました。

その神蹟は実にこの桧原の地であり、大御神の伊勢御遷幸の後もその御蹟を尊崇し、桧原神社として大御神を引続きお祀りしてきました。

そのことより、この地を今に「元伊勢」と呼んでいます。

さて、檜原神社の全景です。
檜原神社の全景 - ぶっちゃけ古事記
檜原神社の近接撮影。本殿も拝殿もなく、三輪鳥居があります。その奥にはご由緒にも記載されている神籬(ひもろぎ。神霊が降臨する時の臨時の宿り場所。小さめの樹木や岩石が選ばれる)が再建されていると言います。
檜原神社の近接撮影 - ぶっちゃけ古事記
すぐ左手にある豊鍬入姫宮のご由緒。写真をクリックすると大きな写真で確認できます。
豊鍬入姫宮のご由緒 - ぶっちゃけ古事記
豊鍬入姫宮です。古事記にも豊鉏入日売命(とよすきいりびめのみこと=トヨスキイリビメ)として登場します。
豊鍬入姫宮 - ぶっちゃけ古事記
しかし、トヨスキイリビメが伊勢大神の宮を祀る、とだけあり、トヨスキイリビメが伊勢、アマテラスを祀った、その意味で斎宮の起源の一人、ということは読み取れますが、それ以上の詳細なことは古事記にはなく、上記のご由緒は主に日本書紀によるものとなります。

いわゆる、アマテラスと、オオモノヌシオオクニヌシなど国津神を一緒に祀っていたが、うまくゆかなかくなったので、アマテラスを安住の地に移そうという動きの中の話となります。

このトヨスキイリビメによる檜原への移動を経て、第十一代垂仁天皇の御世になり、その皇女ヤマトヒメが最終的に伊勢の地にアマテラスをご遷幸し、現在の伊勢の神宮の形が整えられたと思われます。
檜原神社の参道正面 - ぶっちゃけ古事記
明治天皇の第七皇女で神宮祭主である北白川房子さん(成久王妃房子内親王)もこの地を訪れ、感銘を受けて歌を残したことが案内板や石碑からわかります。

伊勢の神宮が形作られる、その原点となるところ。それが「元伊勢」。古事記に詳述はありませんが、やはり古事記の世界の一幕を飾る舞台の一つです。
古事記紀行2014 > (4)景行・崇神天皇陵 > 檜原神社
古事記紀行prev     古事記紀行next
【関連記事】
【古事記紀行2014】(4)古事記に登場する景行天皇陵・崇神天皇陵は要チェック