伝大己貴命坐像(大古事記展) - ぶっちゃけ古事記
大古事記展prev     大古事記展next
・伝大己貴命坐像(でんおおむなちのみことざぞう)
・大古事記展 - 序章

・平安時代(794年-1192年)
・小槻大社

ご祭神である、第十一代垂仁天皇皇子の落別王(おおちわけのみこと=オオチワケ)とともに、小槻大社に祀られているのが大己貴命(おおなむちのみこと)。

オオチワケと大己貴命では、特段関係性が見いだせない(オオチワケの異母兄弟にあたるホムチワケが、出雲大神の祟りでしゃべらないまま成長してしまう、という説話は古事記に掲載されてはいるが)ものの、平安時代、小槻大社に境内を接して天台宗の楽音寺(覚音寺とも)があり、その関係から日吉西本宮から勧請合祀されたと推測されるようです。なお、楽音寺は廃寺となり、跡地に十二将神社(小槻大社の境外社)が建っています。

この重要文化財に指定されている、伝大己貴命坐像は、やはり今回出品されている伝落別命坐像と同じく、一木造りで、目や衣などにわずかに彩色が残る。黒の頭巾をかぶり、古風な筒袖の袍を着ています。立派なあごひげがチャームポイント。伝落別命坐像と比べて、重心が低く、安定感がありそうです。

大己貴命、つまりオオクニヌシです。言わずと知れた、古事記最大の英雄の一人。古事記を読むだけでも色々な側面のある方ですが、その安定感はまさにこの葦原の中つ国を築き上げた方ならではのものなのかもしれません。

大古事記展では、序章として、第一室の構成で太安萬侶神坐像を中心に添え、太安万侶(おおのやすまろ)が今まさに古事記を編纂し、頭に神々を思い浮かべている様をイメージしたものとしている中で、その一柱として展示されています。

大古事記展 > 序章 > 伝大己貴命坐像

【関連記事】
大古事記展で開幕式 10月18日-12月14日に奈良県立美術館で開催
奈良「大古事記展」の展示内容記者会見 国宝や古社神宝など多数展示予定
10月18日から始まる“語り継ぐココロとコトバ”「大古事記展」の関連イベント情報
10月から始まる奈良「大古事記展」の概要が発表される 「感じる」古事記とは?

大古事記展は2014年10月18日-12月14日に奈良県立美術館で開催
「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展 五感で味わう、愛と想像の物語」特設ページ
「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展 五感で味わう、愛と想像の物語」公式Facebook