志毘臣(しびのおみ)縦480px
このあたりから志毘臣の歌の調子が何か子供っぽくなっていくような。このあたりは古事記の演出なのかな?

自分が見初めたウダノオサの娘オウオの手を握られ、激怒した袁祁王(後の第二十三代顕宗天皇)と歌垣で対峙した際、志毘臣が自身二度目、応酬通算三度目に放った歌の一節の超訳。

とことん天皇家を挑発する志毘臣。皇位継承者をようやく見つけたばかりの弱体化していた天皇家とは言え、それができた、というところに、志毘臣の当時の権勢の大きさを感じさせます。

【この一言の出典】
女にちょっかい出された皇子がキレる 横柄な家臣を急襲して滅亡させる

志毘臣 - ぶっちゃけ古事記のタグ
19.清寧天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

志毘臣、歌垣で顕宗天皇にもっと露骨に叛意を示した歌

【関連キャラ】
志毘臣 - ふらっと都に帰った皇子のオンナを奪って挑発
顕宗天皇 - 父の復讐に燃え、雄略陵破壊を目論む激情家

【古事記の神・人辞典】
志毘臣