意祁王(おけのみこ=仁賢天皇)縦480px
この兄弟の定番、譲り合い。しかし、この場面はやはり兄が率先してオレからやる、と言わないと、ですね。

父イチノベノオシハが第二十一代雄略天皇に惨殺されたことで、弟である袁祁王(後の第二十三代顕宗天皇)とともに播磨の国に逃亡した意祁王(後の第二十四代仁賢天皇)が、身を隠していたその国の住人シジムの新築祝いの際、歌って踊れと命じられて、兄弟で順番を譲り合った時の一言。

酒が入っていたのか、兄弟のこのやり取りでも場は爆笑。冷静で賢明ですが、引っ込み思案そうな兄。

【この一言の出典】
皇統断絶の危機 播磨国に逃れていた“あの二人の御子”が発見された経緯とは

意祁王 - ぶっちゃけ古事記のタグ
19.清寧天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

顕宗天皇「イヤイヤ、兄ちゃんから。どぞ」

【関連キャラ】
仁賢天皇 - 引っ込み思案も冷静な頭脳で弟の汚名を救う
顕宗天皇 - 父の復讐に燃え、雄略陵破壊を目論む激情家

【古事記の神・人辞典】
仁賢天皇