肥長比売(ひながひめ=ヒナガヒメ)縦480px
エッチしている時に、何をどう覗かないでね、と言った(古事記では言った、とは書かれていませんが)のかは、よく分かりません。方法や体位が今とは違ったのか。。

第十一代垂仁天皇の皇子ホムチワケが、自身にかけられた(しゃべれなくなるという)祟りを祓うため、出雲に行った時、一夜妻として供されたヒナガヒメ。当時は地方の豪族の女性が高貴な方と一夜を共にする、というのが習慣としてあったのでしょうか。ヒナガヒメも覚悟は決め、カラダを差し出す決心をしたのですが、一つ気になることが。

そんな時、ヒナガヒメがホムチワケに語ったと思われる一言。まあ、男にとって、これは「覗け」ということなんだが。そのような展開になります。

【この一言の出典】
しゃべらない皇子に何とか口を開かせようと四苦八苦の垂仁天皇 イミフの出雲説話

ヒナガヒメ - ぶっちゃけ古事記のタグ
10.垂仁天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

イザナミ「見ちゃ、ダ・メ・だよっ!」
トヨタマ「覗かないでね?」

ヒナガヒメ「お召し上がりください、でも…」
ヒナガヒメ「逃げるって、ヒドっ」

【関連キャラ】
ヒナガヒメ - エッチの時に覗かれ正体がバレた姫
ホムチワケ - 父は誰?しゃべらない皇子のイミフ顛末

【古事記の神・人辞典】
ヒナガヒメ