都城市が作成した菓子野地下式横穴墓の発掘調査報告の一部のキャプチャー(出典:都城市)
宮崎県の都城市教委は、同市菓子野町の菓子野地下式横穴墓(古墳時代中期、5世紀中頃-6世紀前半)に埋葬された人骨の歯石からでんぷん粒が見つかった、と発表しました。人骨の歯石から植物痕跡が確認されたのは国内で初。研究者は、古代に食物とされた植物類を知る手がかりとなる貴重な発見としているようです。毎日新聞が報じています。写真は都城市が作成した菓子野地下式横穴墓の発掘調査報告の一部のキャプチャー(出典:都城市)

この墓は2011年12月に発掘され、二つの玄室から人骨計4体や鉄製やじり、土器などが見つかっていました。人骨は保存状態が良く、九州大と鹿児島女子短大(鹿児島市)に分析を依頼し、今回の発見につながりました。

菓子野地下式横穴墓群(かしのちかしきよこあなぼぐん)は、大淀川の支流丸谷川と庄内川に挟まれた細長いシラス台地上に立地します。現在までに、耕作中の陥没や道路事業に伴い、地下式横穴墓15基が調査されています。詳しい場所や状況などはこちらから。

今回、A号玄室では、奥から熟年男性・幼児・壮年男性、B号玄室には熟年女性が葬られていることがわかりました。また、A号玄室の一番奥の人骨の歯からデンプン粒をみつけることができました。

このデンプン粒を、今の植物のデンプン粒と比べた結果、アズキやオオバユリの中にあるデンプン粒の可能性が考えられるようです。この人は、亡くなる前にアズキやオオバユリを食べていたのでしょうか? うーん、生々しいですね。でも死の直前に?

人骨の写真を含め、詳細はやはりこちらから。

都城市さん、ウェブでの情報発信に大変力を入れているようで、上記の情報も非常にわかりやすい!

都城市は宮崎県の南方、もう近くは鹿児島県です。今回の人骨も、同じ時代の宮崎平野部の人ほどではないが、山間部(えびの市など)の人に比べると、やや渡来人的な特徴がある、とのことですが、熊襲との関係も興味深いところです。

【関連記事】
景行天皇「熊襲、殺っちゃって」 ヤマトタケルが日本史上初の男の娘で暗殺成功