本牟智和気(ほむちわけ=ホムチワケ)縦480px
急にしゃべれるようになって、急に一夜妻にありつけて、そんなイイことは続かない?

第十一代垂仁天皇の皇子とされるホムチワケが出雲を訊ねた際、現地で一夜妻ヒナガヒメをゲットし、エッチを楽しんでいた時、ふとヒナガヒメを見ると、その正体実はヘビだった。。そんな時に発したと思われる一言。

ヒナガヒメには特にセリフはないが、一種の「覗くな」パターン。お決まりのように、男ホムチワケは逃げ出します。やはりお決まりのように、女ヒナガヒメは逃げられて傷心、追撃します。

まさしくイザナギとイザナミのパターン。しかし、ホムチワケとヒナガヒメの逃走・追走劇は神代の時代と違い、ハイテクだった。。

【この一言の出典】
しゃべらない皇子に何とか口を開かせようと四苦八苦の垂仁天皇 イミフの出雲説話

ホムチワケ - ぶっちゃけ古事記のタグ
10.垂仁天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

ホムチワケ「いただきます ムフ」
ヒナガヒメ「逃げるって、ヒドっ」
ヒナガヒメ「みーたーなっ!」
ホムチワケ「こえー、何あの光?」

イザナギ「うおっ、ば・ば・バケモノ~」
イザナミ「み・た・なっ、お仕置きよ!」

【関連キャラ】
ホムチワケ - 父は誰?しゃべらない皇子のイミフ顛末
ヒナガヒメ - エッチの時に覗かれ正体がバレた姫

【古事記の神・人辞典】
ホムチワケ