正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみ=アメノオシホミミ)縦480px
アマテラスの再度の命令へのレスがあまりにも早すぎるので、子のニニギができた時にソッコーこの策を思いついたと思われる。

タケミカヅチのおかげで、順調に進む国譲りの話を聞いたアメノオシホミミは、再度の降臨命令があることを予期していた頃、タカミムスヒノカミの娘ヨロヅハタトヨアキツシヒメと結婚して子供が生まれた時、思わずつぶやいたと思われる一言。

どうしても降臨したくない天子。息子にその使命を託すことをひらめき、実行します。だから天孫降臨。

【この一言の出典】
どこまでも降臨したくない息子にアマテラス「じゃあ、孫にすっか」

アメノオシホミミ - ぶっちゃけ古事記のタグ
6.ニニギ - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

アマテラス「行っては、くれませんか…」
ニニギ「…オレかよ…」

【関連キャラ】
アメノオシホミミ - どうしても降臨したくなかったニニギの父
アマテラス - 「譲って、ください…」ですべて始まる
ニニギ - ご存知天孫は、女心を傷つける女泣かせ?

【古事記の神・人辞典】
アメノオシホミミ