神産巣日神(かみむすひのかみ=カミムスヒノカミ)縦480px
造化の三神なので、その親も何もなく、その子がスクナビコナというのであれば、オオクニヌシと兄弟であるはずもなく。これらを通じて、カミムスヒノカミ=オオクニヌシという考えが芽生え始めたか。

オオクニヌシ一行が、目の前に現れた謎の神の名前を散々調べた挙句、「カミムスヒノカミの子で、スクナビコナ」らしい、ということが分かったので、カミムスヒノカミのところに行った時、その事実を認めたうえで、カミムスヒノカミがオオクニヌシに言った一言。

なぜ兄弟なのかわからないが、オオクニヌシとスクナビコナ、これ以降、手に手を取り合って、国造りを始めます。

【この一言の出典】
国譲りの前の国造り オオクニヌシ、スクナビコナと協力してまじめに働く

カミムスヒノカミ - ぶっちゃけ古事記のタグ
4.オオクニヌシ - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

スクナビコナ「名前? ふんっ、教えねーよ」

【関連キャラ】
カミムスヒノカミ - 国つ神を影から支える神の中の神
オオクニヌシ - 国つ神のドンは破天荒な女好き
スクナビコナ - 国造り、オオクニヌシの相方は謎な神?

【古事記の神・人辞典】
カミムスヒノカミ