高御産巣日神(たかみむすひのかみ=タカミムスヒノカミ)縦480px
子のオモイカネと言い、子の世代に恵まれないね。孫の世代に期待。

アマテラスの息子で、自分の娘婿でもあるアメノオシホミミが、平定されたのにどうしても葦原の中つ国に行きたくないっ、と駄々をこねた際、タカミムスヒノカミが思わずつぶやいたと思われる一言。

結局、アメノオシホミミと自分の娘ヨロヅハタトヨアキツシヒメの間に生まれたニニギが赴くことに。アマテラスとタカミムスヒノカミが父方と母方のそれぞれの祖父となるニニギ、いわゆる天孫降臨へ。

【この一言の出典】
どこまでも降臨したくない息子にアマテラス「じゃあ、孫にすっか」

タカミムスヒノカミ - ぶっちゃけ古事記のタグ
6.ニニギ - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

【関連キャラ】
タカミムスヒノカミ - 神の中の神、アマテラスの分身?
アマテラス - 「譲って、ください…」ですべて始まる

【古事記の神・人辞典】
タカミムスヒノカミ