高御産巣日神(たかみむすひのかみ=タカミムスヒノカミ)縦480px
結構な頻度で登場する割には、古事記でのセリフはこの部分だけ。

葦原中国平定において、派遣したアメノワカヒコが音信不通となったために、このオモイカネが献策して、問いただすためにナキメが派遣された。しかし高天原に戻って来たのは血のりのついた、アメノワカヒコのものと思われる矢。

この矢を拾ったタカミムスヒノカミが、再び葦原の中つ国に戻した時に放ったと思われる言葉。

これは誓約になっていて、アメノワカヒコが裏切っていれば、この矢は当たらず、裏切っていれば突き刺して殺しちゃいな、と、念じられていた。裏切っていたアメノワカヒコに見事命中して、アメノワカヒコ絶命。

タカミムスヒノカミが日本初の暗殺者となった瞬間でもある。

【この一言の出典】
アマテラス「今後、あたしの息子が治める国にすっから」で始まった国譲り

タカミムスヒノカミ - ぶっちゃけ古事記のタグ
5.葦原中国平定 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

アメノワカヒコ「うおっ、や・ら・れ・た…」
シタテル「傷心…」

【関連キャラ】
タカミムスヒノカミ - 神の中の神、アマテラスの分身?
アメノワカヒコ - シタテルに一目惚れ、高天原を裏切る

【古事記の神・人辞典】
タカミムスヒノカミ