稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ=因幡の白兎)縦480px
傷口に海水は沁みるよね。治癒効果はなくはないのだが。。

ヤソガミに教わった治療法で傷が悪化してしまったところに、オオクニヌシが通りかかり、事情を話した時に、因幡の白兎が、「さっき通りかかった大勢の神様に言われた通りに治療したんだども」に続いて、放ったと思われる一言。

ヤソガミの海水につかりな~という治療方法も一理あるのだが、その時のウサギの傷はそれでは間に合わないほど重症だった、ということでしょう。

【この一言の出典】
因幡の白兎 日本で記録された初めての医療行為はオオクニヌシだった

因幡の白兎 - ぶっちゃけ古事記のタグ
4.オオクニヌシ - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

ヤソガミ「おっ、おもしろそ~」
オオクニヌシ「でたらめじゃん…」

【関連キャラ】
因幡の白兎 - 自業自得でも悪びれないお茶目なウサギ 
オオクニヌシ - 国つ神のドンは破天荒な女好き
ヤソガミ - 意地悪く凶暴、容赦ねえオオクニヌシ兄

【古事記・四コマ劇場】
オオクニヌシの遍歴:2.白兔編(2)嘘八百の治療法を教える

【古事記の神・人辞典】
因幡の白兎