真若王(まわかのみこ)

『古事記』に記載のある男性皇族。

父は第24代仁賢天皇、母は第21代雄略天皇の皇女であるカスガノオオイラツメ。末子。

同母姉にタカギノイラツメタカラノイラツメクスビノイラツメタシラガノイラツメ、同母兄に第25代武烈天皇がいる。

また、第28代宣化天皇と結婚する仁賢天皇の皇女タチバナノナカツヒメも同母の姉妹の可能性がある。

【主な登場場面】
オヤジの敵だけど元天皇の墓を破壊しようとする顕宗天皇 止めたのは賢兄の機転