甲斐郎女(かいのいらつめ)

『古事記』に記載のある女性皇族。

父は第18代反正天皇、母はツノノイラツメ。第一子。

同母妹にツブラノイラツメがいる。

【主な登場場面】
履中天皇「オマエも裏切るんじゃね?」、弟をけしかけ、反逆の弟を始末するの巻

【関連記事】
宇波刀神社(韮崎市) - 反正皇女が勧請、奈良期創建、室町期懸佛、江戸期本殿