多遅摩比那良岐(たじまひならき)

『古事記』に記載のある男性。

但馬の豪族だと思われる。

曽祖父が渡来してきた新羅王子の天日矛、父はタジマヒネ

子に第11代垂仁天皇に仕えたタジマモリ、それにタジマヒタカキヨヒコがいる。

【主な登場場面】
新羅の国王の子がやって来た! 虐待した日本人妻が逃げたので追って来た!