許勢小柄宿禰(こせのおからのすくね)

『古事記』に記載のある男性皇族。

父は建内宿禰

許勢臣、雀部臣、輕部臣の祖。

建内宿禰の子
波多八代
・許勢小柄
蘇賀石河 - 子孫にソガノイナメ都塚古墳の被葬者とされる、蘇我稲目)がいる
平群都久
木角宿禰
クメノマイトヒメ
ノノイロヒメ
カツラギソツヒコ - 仁徳皇后イワノヒメの父、履中妃クロヒメの祖父
若子宿禰

【主な登場場面】
実子に後妻寝取られ反逆される故・神武天皇 直系が奮起して乱を平定

【許勢小柄を祀る神社】
斐太神社 - 大国主命が御子神とともに国土経営、上杉謙信の崇敬、3月に鎮火祭
神前神社(長浜市) - 奈良朝に行基が開創、最澄が参詣、戦国期に遷座、広峰権現
許世都比古命神社 - 巨勢地方の産土神で、巨勢氏の祖神、五郎神・五老神・五郎宮