鳴き女(なきめ)

『古事記』に記載のある神、あるいは動物神で、高天原にいたと思われるキジ。

高天原による葦原中国平定(国譲り)において、アメノホヒに次いで派遣されたアメノワカヒコが八年もの間何も報告してこないことを訝しんだ高天原が、アメノワカヒコの話を聞くために派遣した。

ナキメは、葦原の中つ国に下り、葦原の中つ国の住人になっていたアメノワカヒコの家の門にある桂の木の枝にとまり、戻ってこない理由を問いただす。

それを聞いた、アメノワカヒコの家にいたアマノサグメが、「この鳥、不吉だから殺すべき」と言い、それに従って、アメノワカヒコが高天原から持参した弓矢でナキメを射殺する。

その矢はキジの体を貫通し、記事の血のりをつけて、高天原まで飛んでいく。その矢を見た高天原のタカミムスヒノカミは訝しみ、誓約する。「アメノワカヒコが裏切っていれば、これから返すこの矢でアメノワカヒコの体を貫け」。

結果、もちろんアメノワカヒコ死亡。つまり、高天原に暗殺される。

結局、使いに出たキジは帰ってこなかった(アメノワカヒコに殺されていた)ので、「雉子の頓使い(行ったきりで戻ってこない使い)」という諺が生まれた、とされる。

ちなみに、泣き女(なきおんな)または泣女(なきめ)と呼ばれる葬式のときに雇われて号泣する女性がいる。ナキメはこれとは別のものだが、日本の泣き女の最古の出典はやはり古事記で、しかもこのアメノワカヒコの葬式の際の描写。短い、連続した物語に二羽のキジが登場していることになる。

【主な登場場面】
アマテラス「今後、あたしの息子が治める国にすっから」で始まった国譲り