事代主神(ことしろぬしのかみ)

『古事記』に記載のある男神。

オオクニヌシカムヤタテヒメの子。オオクニヌシの長男として位置づけられる。知恵や言霊の神。

葦原中国平定、つまり国譲りにおいて、父オオクニヌシのムチャ振りによって、高天原から派遣されてきたタケミカヅチと対峙したが、呪詛しながら入水する。

弟であるタケミナカタもタケミカヅチに屈服すると、オオクニヌシは「長男のコトシロヌシ以下、もう高天原には逆らいません」と言って国譲りする。

名前や性質の同一性から、ヒトコトヌシと同一神格とされる。ヒトコトヌシは第21代雄略天皇が葛城山に行った時に登場、雄略天皇を屈服させている。

えびすのモデルの1柱。なお、『延喜式』巻9・10神名帳 宮中京中 宮中坐神 神祇官西院坐御巫等祭神「御巫等祭神八座(大社、月次新嘗)」の1柱にその神名が記載されている。

【主な登場場面】
実に全国180人(柱)、古代日本最強の子だくさん・オオクニヌシ
強いぞ最終兵器・改“タケミカヅチ” オオクニヌシ軍を木っ端みじんに
オオクニヌシ、国譲りして、隠居へ 豪壮な、後の出雲大社を準備させて
傍若無人の雄略天皇、さすがに神様には逆らえず最敬礼 鷹揚な神様もそれを赦す

【関連記事】
『延喜式』祝詞とは? - 祈念祭・六月月次などに記載されている神々と神社
ご利益ごとに見る日本の神々 - 健康長寿、金運、開運、出世、交渉、良縁・縁結びなど
[御祭神がコトシロヌシ]初詣で人気の神社、その人出は? - 初詣の人出ランキング

【コトシロヌシを祀る神社】
砥鹿神社 - オオクニヌシを祀る三河国一宮、戦の後の徳川家康が宿陣したとの伝承
三嶋大社 - もともとは伊豆諸島の神も、現在はオオヤマツミとコトシロヌシ
諏訪大社・下社春宮 - 毎年2月-7月に御祭神が祀られる、下社最初の遷座地
諏訪大社・下社秋宮 - 毎年8月-翌1月に御祭神が祀られ、境内に御神湯も
美保神社 - えびす様の総本社、国譲りを擬した神事が伝わる出雲国風土記に載る古社

倭文神社 - 主祭神は建葉槌命だが、シタテル伝承やご神徳を色濃く残す伯耆国一宮
居多神社 - 古くは「けた」と呼ばれ今では「こたじんじゃ」と読まれる、越後国一宮
飛鳥坐神社 - 大観衆の中で性行為を模した劇が行われる奇祭「お田植祭」で有名な古社
蛭子神社(名張市) - 元伊勢「隠市守宮」の候補地、親しまれる祭礼「えべっさん」
名居神社 - 地震除けの神、伊賀国式内社で、元伊勢「隠市守宮」の候補地の一つ

杜本神社(羽曳野市) - 陵付近にフツヌシとその妻の二座を祀る名神大社の論社
加世智神社 - 三重県松阪市、風の神? カザモツワケノオシヲノカミを祀る、漁撈の神
長田神社 - 鎮座1800年強、兵庫及び神戸を代表する古社、神功皇后の黄金伝説も
揖夜神社 - 黄泉比良坂、比婆山にも近いイザナミを祀る、穂掛祭で有名な出雲の古社
大名持神社 - 海水が湧き出る言い伝え、往事は春日大社と同等の社格を有した古社

二宮神社(福岡市今宿) - 江戸中期の鎮座・遷座、生産豊穣と疫病厄除、福徳の神
高鴨神社 - アヂスキタカヒコネの本源、京都賀茂の元宮の可能性がある式内名神大社
葛城一言主神社 - 一言の願いを聞き届けてくれるヒトコトヌシと雄略天皇を祀る
鴨都波神社 - 御所市、コトシロヌシの本源、「ススキ提灯」で知られる式内名神大社
御穂神社 - 三保の松原の「羽衣の松」、三保大明神・大己貴命夫婦を祀る夫婦和合の社

久伊豆神社(越谷市) - 「ひさいず」だが「クイズ神社」の一つ、南洋神社の遥拝所も
紅葉八幡宮 - 福岡市、応神天皇の皇子も祀る八幡、創建500年を超える早良地域の総鎮守
幸神社 - 京都の鬼門守護・出雲路道祖神、「御石さん」は縁結び、浮気封じの信仰
今宮神社(京都市) - 疫神スサノヲを祀る社から抑え込む社へ、やすらい花・今宮祭が有名
櫟谷宗像神社 - 松尾大社の境外摂社である式内の古社、二社ともに水運の女神を祀る

金峯神社(鶴岡市) - 円仁による開山、修験道場として栄華を極める、禁酒や縁結びなど
鞆淵八幡神社 - 天皇の寵姫が帰郷で使用した? 石清水八幡宮から贈られた国宝・神輿
石見神楽「恵比須」 - コトシロヌシのえびす様 えびす様ってそもそも? 謎で複雑な神
五社神社・諏訪神社 - ともに徳川秀忠の産土神、将軍家の崇敬厚い子守り、子育ての神
鳥出神社 - 「天下の勇祭」鯨船行事で有名な、ヤマトタケル白鳥伝説が残る式内古社

猿賀神社 - 辰年・巳年生まれの守護神、蓮の花まつりや十五夜大祭前日の宵宮など有名
太平山三吉神社 - 「けんか梵天」が有名な山の神で、力・勝負・破邪顕正を司る力強い神
愛宕神社(港区) - 東京23区最高峰26メートル愛宕山に鎮座する火防の神、出世の石段
福島天満宮 - 左遷途次に旅情を慰めてくれた地を菅原道真が「福島」と名付けた地に鎮座
大野湊神社 - 拾い上げた猿田彦大神を祀る、戦国期に前田利家が復興、利長が始めた神事能

大井神社(島田市) - 3年に一度の奇祭「帯祭り」、三女神を祀る女性や子どもの守護神
宝田恵比寿神社 - べったら市が有名、家康寄進の運慶作・恵比寿像を祀る江戸開発の拠点
椙森神社 - 太田道灌が伏見稲荷を、吉川惟足が恵比寿を勧請、3年に一度の大神輿渡御
名古屋東照宮 - 子の義直が家康三回忌に大祭を執行、名古屋最大の祭りだった東照宮祭
稲荷鬼王神社 - 新宿歌舞伎町に鎮座する、「鬼王」の名を持つ日本唯一の除災招福の神

兜神社(東京都中央区) - 証券業界の神、その歴史は源義家の祈願の地、さらに将門由来
若松恵比須神社 - 「若松のおえべっさん」正月の十日ゑびす祭や、最近は蚤の市も賑わう
出雲神社(山口市) - 出雲族の佐波川流域への膨張発展で創祀、大内・毛利氏が崇敬
多鳩神社 - 事代主命の終焉地と伝わる石見国二宮、享保年間の植樹奉献のナギの御神木
今宮戎神社 - 商売繁盛の神様「えべっさん」、毎年3000人の中から選ばれる「福むすめ」

十日恵比須神社 - 芸妓のかち詣りなど正月大祭で賑わう、“商人色”が強い商業流通の神
楊原神社(三島市) - 三嶋大社に次ぐ古い歴史の伊豆国三宮、三島七石「蛙石」やケヤキ
豊積神社 - 奈良末期の創建、坂上田村麻呂ゆかりの由比のお太鼓祭が伝わる駿河国二宮
福島稲荷神社 - 奥州下向した安倍晴明が創建、10月の例大祭は圧巻の山車巡行、五大稲荷
大宮売神社 - 丹波国二宮、弥生時代からの祭政中心地で、大宮売神を祀る最も古い社

高岳神社 - 播磨国五宮、武門の崇敬厚い、干満と共に満ち引きする蛤岩は福徳長寿の霊岩
健軍神社 - 火国造ゆかりとも伝わる熊本市最古の社、阿蘇神社の別宮、八丁馬場の参道
總社 - 現代まで姿を維持する全国的に珍しい備中国総社、境内社に式内「野俣神社」も
国府神社(高取町) - 大和国府の推定地の一つに鎮座、通称「八幡さん」の大和国総社
玉若酢命神社 - 式内社の隠岐国総社、開拓神を祀りその末裔が現神主家、御霊会風流

佐波神社(防府市) - 元の金切神社、明治期に四神社を合併して改称した、周防国総社
科野大宮社 - 崇神朝の創建と伝わる、江戸期には上田藩の崇敬厚い信濃国総社の古社
鶴谷八幡宮 - 安房国総社、鎌倉期に八幡信仰へ、現在も「やわたんまち」に総社の面影
総社大神宮 - 聖武勅願からの由緒、オオタタネコの末裔が名を受け継ぐ古社、越前国総社
雄郡神社 - 586年に宇佐を勧請した国史見在社、松山八社八幡の一社で喧嘩神輿でも有名

富賀神社 - 2年に1度、6日間かけて三宅島を御輿が巡るケンカ祭りで知られる式内古社
敬満神社 - 一帯に分布する渡来系氏族の秦氏の氏神である敬満神を祀る名神大社の古社
諏訪神社(湖西市) - 景行期の創祀、7月には「海道の奇祭」遠州新居手筒花火が行われる
美奈宜神社(林田) - 「蜷城の獅子舞」で知られる三韓征伐を守護した出雲三神を祀る社
住三吉神社 - 北海道函館、鎌倉時代の創祀と伝わる古社、江戸中期以降に再建、崇敬得る

福徳神社 - 徳川家康も参詣、2代将軍が「誠に目出度い神号」と称賛した、貞観創建の古社
出雲福徳神社 - 恵比寿・大黒の石像のお腹をさわって願掛けすると宝くじが当たる神社
遠野郷八幡宮 - 総鎮守、恋愛成就のパワースポットで、9月の例祭には流鏑馬や郷土芸能
湯神社(松山市) - 景行天皇が創建した道後温泉の守護神、喧嘩神輿と初子祭、湯祈祷祭
温泉神社(いわき市) - 霊峰湯の岳、いわき湯本温泉の守護神、5月例祭で海潮水汲神事

素盞雄神社(荒川区) - 平安初期の創建、疫病除け・天王祭が有名、区内最大の氏子地域
気多本宮 - 氣多大社の本宮とも、式内・能登生国玉比古神社で、3月に通称「おいで祭」
天別豊姫神社 - 神辺大明神・甘濃厳大明神とも呼ばれた、備後最古級とされる神社の一つ
総社神社(秋田市) - 奈良時代初期に神光飛来で創建、出羽国総社とも、藤原清衡の再興
松橋神社 - 霊夢を無視したために常闇に、熊野権現を勧請、清正が復興、8月には夏祭り

金刀比羅神社(根室市) - 1806年創建の200年以上の歴史を有する古社、8月に例大祭
田染元宮八幡社 - 平安期に創建された宇佐神宮の荘園「田染荘」の神、田染三社の「一宮」
田染二宮八幡社 - 南北朝期創建、湍津姫命を祀る宇佐神宮の荘園「田染荘」の鎮守二の宮
田染三宮八幡社 - 市杵嶋姫命を祀る宇佐神宮荘園「田染荘」鎮守、「三の宮の景」が有名
豊国神社(長浜市) - 江戸期には恵比須神を祀り秘された豊公信仰、今も1月に十日戎

大前神社(真岡市) - 巨大「えびす様」、日本唯一の二輪車祈願などユニークな式内社
新海三社神社 - 開拓神である大国主命の孫神を祀る佐久の総社、武田信玄など武将の崇敬
矢彦神社 - 小野神社と同じ社叢に隣接、例祭や式年御柱大祭を合同で行う、四本殿の形式
能義神社 - 出雲の四大大神の一つ、弥生期からの住居跡遺跡や円墳などがある風土記記載社
福應神社 - 「福に応ずる宮」西宮の福の神、夏祭りで舟・布団・武者など各種だんじり巡行

厳島神社(松山市) - 古墳時代の創祀、10月7日には計4体の喧嘩神輿、虎舞と「人の道」
八剣神社(諏訪市) - 武田信玄ゆかり、「御渡り拝観の神事」が有名な諏訪大社上社の摂社
早吸日女神社(佐伯市) - 平安末期に創建、2年ごとの大祭で八人太鼓及び獅子舞の演舞
荒倉神社(鶴岡市) - 奈良期創建、羽黒山に対して西羽黒、4月18日に獅子舞など油戸祭り
豊国神社(小松島市) - 阿波蜂須賀家が江戸初期に秀吉を奉斎、秀吉木像の唯一の現存例

粟嶋神社(海南市) - 景行期に創祀、その子孫が今も祭祀する全国各地から崇敬された社
大津神社(飛騨市) - 近世まで諏訪大明神と呼ばれた飛騨国式内八社の一つ、4月に神岡祭
重蔵神社 - 8月の輪島大祭のキリコ祭り、3月に数百年の歴史ある如月祭、朝市通りに産屋
掛川神社(高知市) - 高知城の鬼門鎮護、土佐山内家ゆかりの地から牛頭天王宮を勧請
高知八幡宮 - 南北朝期に創建、山内一豊や歴代土佐藩主の崇敬、明治期から町の氏神に

元城町東照宮 - 秀吉・家康ゆかりの「出世城」浜松城の前身引間城址、商売と出世の神
市姫神社(金沢市) - 戦国時代に京都市比売宮を勧請して創建した近江町市場の守護神
諏訪神社(四日市市) - 東海道屈指の諏訪明神祭と評された、10月に四日市祭として継承
長洲神社(宇佐市) - 奈良時代に京の上賀茂神社を勧請、5月にコンコンチキリンの葵祭り
粟島神社(宇佐市) - 7月には3000発の打上花火と海上パレードがある宇佐市みなと祭り

粟嶋神社(佐伯市) - 南北朝時代の創建、懐良親王の海難を治めた紀州粟嶋明神を勧請
金剱宮 - 枝ぶりに龍神、金運神社としても知られる義経ゆかりの古社、秋は「ほうらい祭」
波波伎神社 - 国譲り後の事代主命の荒魂が鎮まった宮、伯耆の総氏神、裏手には福庭古墳
北斗宮 - 飛鳥朝の創建、黒田長政が筑前十五神の一宮として崇敬、大クスノキの御神木
花掛神社(糸島市) - 神功皇后が三韓征伐の際に花を掛けて住吉神を鎮祭した山、巨石や松

大國魂神社(いわき市) - 石城国の国魂を奉斎、坂上田村麻呂の再興、大和舞と豊間千道祭
波止場神社 - 七社・金毘羅様・稲尾神社と呼ばれた旧別府港の守護神、松方正義の創建
二葉山神社(宇佐市) - 昭和の大横綱・双葉山の生家近く、奈良期の創建、落雷の伝承
高崎神社(高崎市) - 鎌倉期創建の熊野神社、昭和期に美保ゑびすを勧請、高崎総鎮守
湧別神社 - 「ゆうべつ」オホーツク海やサロマ湖に面したホタテ養殖の町に明治期創建

中嶋神社(室蘭市) - 明治23年の創祀、縁起の良い「中島台」に蓬崍殿、例祭は8月5日
村屋坐弥冨都比売神社 - 物部一族が祭祀、大和「中つ道」の式内大社、境内にも三式内
天祖神社(由布市) - 由布岳の南西麓にある金鱗湖畔に鎮座、龍神と清水が湧き出る境内
前橋八幡宮 - 平安期創建の国府八幡宮、「厩橋」「前橋」の地名由来、1月にだるま供養祭
北門神社 - 稚内・宗谷の地、神職が常駐する神社としては日本最北端、江戸後期に創祀

白糸浜神社 - 舞鶴鎮守府の設置に伴う区画整理で稲荷・蛭子・水無月明神の三神社が合併
志賀神社(佐賀市) - 平安期に志賀海神社を勧請、日本海軍発祥の地、9月例祭に神輿渡御
比木神社 - 神門御神幸祭など多くの古来からの特殊神事残す、龍の天井絵とクスの巨木
出雲大社相模分祠 - 明治期の創祀、平成の世に分祠に昇格、1月に福迎祭、2月に節分祭
石楯尾神社(名倉) - 以前は「エボシ岩」を礼拝した「名倉の権現さま」、式内有力論社

鵠沼皇大神宮 - 相模国土甘郷総社「石楯尾神社」に建立された烏森神社、8月祭りに山車
荒雄川神社(岩出山) - 縄文時代の祭祀遺跡も残る、歴代武将に崇敬された奥州一の宮
石神山精神社 - 宮城遂倉山、白い崖・屏風岩の下に神殿、坂上田村麻呂お手植えの老杉
高尾神社(呉市) - 鎌倉期に創建、戦国期に現在地に遷座した八幡、七夕やお多福門も
南方神社(枕崎市) - 室町期の遷座で地名残す、上社と下社、全国的に珍しい並列鳥居

老松神社(桂川町) - 大国主命と少名毘古那が逗留した地の土師庄鎮守、春秋に獅子舞
貴船神社(真鶴町) - 7月の船祭りが有名なキノミヤ信仰の社、源頼朝が腰掛石を奉納
鵜川神社(宮場町) - 神代に鎮座、平安期に筥崎宮を勧請、琵琶島城主宇佐美氏の崇敬
水上八幡神社(鶴岡市) - 往古から鎮座の水上宮に八幡を合祀、室町期の特色残す本殿
川口神社(亘理町) - 江戸初期に伊達成実が勧請した稲荷、東日本大震災で被災も復興へ

王城神社 - 神武天皇が創祀、後に筑前国衙に遷座した大城大明神、11月に真魚箸神事
岡田宮 - 神武天皇が東遷途上で逗留した地、北九州黒崎の鎮守、7月に黒崎祇園山笠奉納
佐助稲荷神社 - 鎌倉に鎮座する「前右兵衛権佐」源頼朝を“助”けた「かくれ里の稲荷」
能登生国玉比古神社(中能登町) - 大己貴命らに協力した能登の神、その裔が今も神主家
森神社(天理市) - 式内・太祝詞神社、奈良朝には存在、対馬と関係、社名不変更の謎

天津神明宮 - 神代に事代主神が到来した地、頼朝が伊勢を勧請、政子も安産祈願
兵主神社(壱岐市) - 平安初期勧請の日吉山王権現、江戸期に混乱の末に式内比定
椙尾神社 - 欽明朝創祀の式内、めっけ犬伝説と6月の大山犬祭りはからくり山車と行列
八重垣神社(匝瑳市) - 戦国時代発祥の「八日市場の祇園祭」、平安初期の物部氏の創祀
葛見神社 - 伊東家の守護神、樹齢1000年の樟がある「岡の郷社」、岡の神楽や鳥刺踊り

九木神社 - 九鬼水軍ゆかりの地に鎮座する、南北朝期創建の天神、樹叢が天然記念物
阿須伎神社 - 『延喜式神名帳』に11社、『出雲国風土記』に39社記載された大社
塩冶神社 - 本来は「やむや」、風土記の「夜牟夜社」、式内の塩冶郷の産土諸神
布自奈大穴持神社 - 二つの式内社、以前は父祖を、今は子を祀る、主客逆転が指摘される
小濱神社(内灘町) - 神功皇后の創祀、前田家の崇敬、加賀国二之宮・加賀郷総鎮守

御巫等祭神八座 いわゆる八神殿 - 天皇の健康を祈願する、出雲系などの神々
三嶋神社(平塚市) - 平安期からの信仰「湘南のえびす様」、7月には「須賀のまつり」
上知我麻神社 - 宮簀媛命の父、1月5日に初えびす、新生児に神託に名を付ける信仰
諏訪大神(東庄町) - 江戸後期の力士である笹川繁蔵『天保水滸伝』ゆかり、7月に相撲
虎柏神社(青梅市) - 式内社、後に諏訪と牛頭天王を合祀、諏訪神社として現在も定着

筑陽神社 - 意東川(筑陽川)の氾濫でたびたび遷座、式内二社・風土記記載社
月讀神社(京田辺市) - 平安期の創祀、幕末に石清水八幡宮が避難、大住隼人舞が復興
山宮神社(館山市) - 山の山宮大明神と海の長田大明神を奉斎、9月の安房国司祭に出御
祝園神社(精華町) - 『古事記』記載の討伐された武埴安彦の悪霊、1月に「いごもり祭」
大井神社(亀岡市) - 鯉の伝承と禁忌、丹波の語源「丹の池」、平安期以来の競馬と立花

美具久留御魂神社 - 崇神朝の創祀、出雲の神剣、河内国二宮とも、10月にだんじり宮入
與能神社 - 丹波道主命が祀った桑田郡三座の一つ、10月に「六華祭」、亀が神使
羽黒三田神社 - 泉が湧き出る穴澤、平将門の子や裔にゆかり、羽黒山大権現・穴澤大神
矢作神社(八尾市) - 物部一族の矢作連の屋敷跡、別宮八幡、クスノキやイチョウの巨樹
陶荒田神社 - 太田田根子発見の陶器大宮、10月にだんじり祭り、2月に子授け大祭

狭山神社(大阪狭山市) - 『古事記』記載の狹山池より早く創祀、池の守護神も合祀
志紀長吉神社 - 真田幸村が戦勝祈願、奉納六文銭軍旗の一般公開、勝守など各種お守
雙栗神社 - 椏本八幡宮、大クスノキと室町期の本殿、お粥炊の神事や八朔祭り
佐牙神社 - 酒の神、鎌倉期の特徴残す桃山期作の春日造り本殿、10月に神輿渡御
阿麻美許曾神社 - 依羅連・物部・中臣の諸説あり、行基の碑、正月8日に八日戎

有間神社 - 飛鳥朝に天皇親拝、昭和に美保を勧請して1月に初戎、10月に神輿渡御
茨木神社(茨木市) - 坂上田村麻呂の創建、信長の神社破却を免れるため牛頭天王社に
足立神社(浦和区) - 高塙・高鼻氏ゆかり高塙郷鎮守の高塙明神社、明治に式内主張
火走神社(泉佐野市) - 火の上を走る神事からの命名、火の神、室町期の摂社社殿
登弥神社 - 神武天皇が祭祀、登美連が祖を奉斎、春日を勧請、粥占いで知られる

神戸水天宮 - 長田神社御祭神の最初の降臨地である天神山、大正創建の子宝の神
御霊神社(奈良市) - 70ヶ町5000余軒の広範な氏子層、2年で70ヶ町全てを神輿渡御
尼崎戎神社 - 平安期の創祀「尼のえべっさん」、1月の十日戎、大マグロに硬貨
京都ゑびす神社 - ゑびすの笹発祥の神社、建仁寺の鎮守、1月に5日間の初ゑびす
新井崎神社 - 水銀の説もある徐福伝説の地、4月例祭では太刀振りと花踊りの奉納

羽田八幡宮 - 飛鳥朝の創建、信長寄進の太鼓、10月に「羽田祭」で手筒花火奉納
柳原蛭子神社 - 「柳原のえべっさん」、1月に十日えびす大祭、まぐろ奉納神事
大将軍神社(西賀茂) - 推古朝創建、平安京の北方守護神、本殿は賀茂社最古の建築物
御霊神社(福知山市) - 江戸中期に福知山振興の祖である明智光秀を祀る
長柄神社 - 『日本書紀』記載の姫宮、鎌倉末期からの棟札と室町期の春日造本殿

三島鴨神社 - 『万葉集』にも歌われた三島江・淀川の鎮守、日本三三島の一つ
率川神社 - 市内最古の神社、神武皇后と父母を奉斎する子守明神、6月に三枝祭
杵築大社(武蔵野市) - 江戸前期に松平直政が出雲大社を勧請、富士塚や千本イチョウ
采女神社 - 春日大社の境外末社、中秋の名月の日の采女祭で行列や管絃舟の航行
勝利八幡神社 - スポーツ関係者に好まれる通称、江戸中期の区内最古の神社建築

調田坐一事尼古神社 - 一事尼古神は一言主神と同神、一願成就、3月に御田植祭
廣田神社(いすみ市) - 室町期に摂津を勧請、漁師の崇敬、はだか祭りの汐ふみ
金櫻神社(万力) - 成務朝創建の大宮権現、源頼朝の造営、江戸時代初期の石鳥居
河俣神社 - 大穴持命が子を大和に配した中の宇奈提・事代主命、壬申の乱に勝利
御前原石立命神社 - そら豆のタブー、現在は本社三殿で早良親王と春日神を祀る

高石神社(高石市) - 高野・紀州街道の近くに鎮座、もとは「高志の祖、王仁を祀る」?
久久比神社 - 全国唯一のコウノトリ伝承ある式内社、平成の世にも奇跡、子宝御守
諏訪神社(新宿区) - 平安初期の創祀、源頼義・義家・頼朝も祈願、明治天皇行幸史跡
大歳金刀比羅神社 - もとは鍛冶の神、江戸中期に讃岐勧請、11月祭礼は播州三大祭り
柏原黒田神社 - もとは塩殿神社、戦後に黒田と春日の両社を勧請合祀、7月だんじり

墨坂神社(芝宮) - 古墳期の宝物が発掘、藩中行事の一環、夏の風物詩・須坂祇園祭
海神社(紀の川市) - 海神を祀る社、浦上大明神、地名に残るほどの往時は多数の神田
三坂神社(山口市) - 「弾除けの神」戦前奉納写真が多数、返還事業で知られる式内論社
葦神社(伊賀市) - 孝霊朝に顕現、三社が分離・習合、別府明神と称された式内社
丸子神社・浅間神社 - 式内丸子社が明治期に浅間社と合併して一扉二社の神社に

植木神社 - 植木牛頭天王、7月最終土日の祇園祭は巡行と神輿の舞が有名
鸕宮神社 - 奈良の東大寺二月堂や正月堂にゆかりの鵜宮天神、11月秋祭り
布施戎神社 - 式内社旧地、今は十日戎の福笹や福娘で知られる商売繁盛の神
那閉神社 - 当目山、いわゆる虚空蔵山の南西麓、境内社に武田方武将を祀る
潮崎本之宮神社 - 神功皇后が住吉三神を奉斎した海神社、10月例祭は獅子舞や行列

笠屋神社(甲府市) - 雄略朝創祀の笠懸明神、水害多く旧跡を喪失、平成に社殿新築
笠屋神社(甲斐市) - 諏訪神社と呼ばれ、武田氏の崇敬受けた古社、元禄以来の棟札
笠屋神社(南アルプス市) - 御所庭「御所天神」小笠原長清の館跡付近、的場の地名
諏訪神社(甲州市) - 巨摩郡の笠屋神社が山梨郡に遷座したという伝承受け継ぐ古社
宇波刀神社(韮崎市) - 反正皇女が勧請、奈良期創建、室町期懸佛、江戸期本殿

櫨谷諏訪神社 - 鎌倉中期の諏訪を勧請、光り物の伝承、西神ニュータウンの氏神
佐波波地祇神社(華川町) - 佐波山、山上に日本武尊の鏡塚、田村麻呂や頼義が祈願
南宮大神社 - 源義光が造営、手植えの桜、信玄が祈願を命じた武田氏ゆかり
佐波波地祇神社(大津町) - 唐帰山、水戸光圀が崇敬、5年に一度「常陸大津の御船祭」
姫宮神社(南伊豆町) - 石姫(いしき)の伊波比咩命を祀る式内社、他に式内二論社

三島神社(下小野) - 阿米都加多比咩命を祀る式内論社、南北朝期に三島明神を合祀
三島神社(妻良) - 港を守護する三島大神の后神を奉斎、北条水軍妻良衆の力石
三島神社(青野) - 創祀・由緒不詳も『特選神名牒』が式内比定、境内に石仏など
三島神社(蝶ヶ野) - 式内「多祁伊志豆伎命神社」論社「一色村 三島明神」の候補
三島神社(青市) - 式内社「竹麻神社三座」の論社の説も、創建や由緒など不詳

三島神社(柿崎) - 住吉神社と、式内比定されたもと武山鎮座の武峯神社を合祀
三島神社(入間) - 創祀・創建・由緒不詳も、式内「穂都佐気命神社」論社
月間神社 - 平安期の神津島の噴火で創祀、遷座と分祀繰り返した式内論社
井於神社 - 井のほとり、三宅郷の水神、近世には「三所明神」、三宅神社
布忍神社 - 『日本書紀』にある「布忍」、江戸期本殿、イチハラヒロコ恋みくじ

加畑賀茂神社 - 三嶋神が上陸した地、町最古、樹齢1200年の御神木ビャクシン
三島神社(富戸) - 三島大神の巡行の地、頼朝とその子の伝承、10月に鹿島踊り
船待神社 - もとは塩穴天神社、道真が腰掛け、松を植えた、9月ふとん太鼓
石津神社(堺市) - 事代主神が降臨「日本最古の戎宮」、野見宿禰が神主務める
石津太神社 - 流された蛭子命が漂着「日本最古の戎宮」、12月やっさいもっさい

八溝嶺神社 - 茨城・栃木・福島の県境、八溝山山頂に鎮座、旧暦4月に梵天祭り
高龗神社(貝塚市) - 持統天皇御幸以来の例祭、泉州最古の戎様・脇浜戎大社、火渡り
志野神社 - 『日本書紀』の「小竹宮」伝承地、江戸初期に怪異あり復興
大津神社(泉大津市) - 和泉国府の外港、式内「粟神社」など合祀、10月だんじり
国玉神社(岬町) - 称徳天皇の深日行宮跡、古代はスズ、10月やぐらの宮入り

男乃宇刀神社 - 兄と弟の宮、ゆかりの五十瓊敷入彦命を合祀、近世は牛頭天王
二十五柱神社(松阪市) - 明治に式内含む25社合祀、定説以外の式内も、論社も多数
意非多神社(西黒部) - 大板の地を開発した多氏、平安期に遷座、楯築大明神・牟礼社
止止呂支比売命神社 - 承久の乱での若松御所、若松宮・若松神社、境内にも式内社
江野神社(上越市) - 孝昭朝の創建、武内宿禰が祈願、もとは諏訪明神、7月祇園祭

菅原神社(上越市) - 境内には古墳群や縄文遺跡、飛鳥朝創建の菅原天神、延喜式内
斐太神社 - 大国主命が御子神とともに国土経営、上杉謙信の崇敬、3月に鎮火祭
恵比寿神社(渋谷区) - JR恵比寿駅近くに鎮座、もとは大六天、昭和に西宮神社を勧請
田蓑神社 - 神功皇后が創祀、平安期創建、家康ゆかりの佃漁民、狛犬と宝くじ
中島惣社 - 飛鳥朝に五穀豊穣が祈願された食物神の女神、中島郷48ヶ村の親宮

菅原神社(堺市) - 菅原道真自作の木像、ふとん太鼓、十日えびす、ホタル観賞
岸城神社 - 岸和田城三ノ丸、9月に岸和田祭、急坂を一気に駆け上がるだんじり
大森神社(熊取町) - 国内神名帳記載、熊取庄の惣社、10月だんじり祭、1月熊取戎
小川神社(瀬戸川) - 創祀不詳、室町期に城主が再建、明治に四社を境内社に
坂城神社 - 日本武尊が創祀、村上氏の拠点・五里ケ峯の南麓、武田信玄も寄進

治田神社(稲荷山) - 治田庄更科郷28ヶ村の総社・下の宮、児玉幸多、7月に祇園祭
二宮神社(真庭市) - 式内四社五座、社名は八社宮の二つ目の意、10月八社渡御
甘南備神社(府中市) - 奈良期の悪疫と干ばつに霊験、皇室や毛利家の崇敬、三室山
塩野神社(上田市) - 白鳳期勧請、独鈷山頂上から北麓へ、信玄も寄進、江戸期社殿
佐々神社 - もとは笹ヶ岳に鎮座、桃山期に現在地に遷座、授乳に霊験あり

木根神社 - 創祀・由緒は不詳、江戸期は牛頭天王、明治期に射手神社に合祀
比々岐神社 - 飛鳥朝の創立とも、北山・上津八幡宮、伊賀の乱で白龍現れ焼失回避
守田神社(七二会) - 鎌倉期に植えられたスギの御神木、江戸後期からのおねり
小川神社(小根山) - 母神への往来の要衝に奉斎、6年に一度、北信随一の御柱祭
池田神社(静岡市) - 武烈朝に祈雨祭、江戸期の大干ばつで境内から救いの井戸

長田神社(真庭市) - 牛頭天王、尼子晴久が社殿寄進、5月5日に伝統のお田植祭
野里住吉神社 - 義満の勧請も創祀は古代か、2月に一夜官女祭、夏祭りでだんじり
田守神社(伊賀市) - 伊賀臣が祖神を奉斎か、吉田神社の地に遷座、10月に秋祭
庭田神社 - 『播磨国風土記』記載の日本初の日本酒醸造の地「ぬくい川」と霊石
八阪神社(東成区) - 藤原道長が創祀した牛頭天王白山権現社、境内に玉造戎神社

田島神社(大阪市) - もとは道真、後に少彦名命が主神の天神社、眼鏡レンズ発祥
大宮神社(大阪市) - 源義経が創建、秀吉が大坂城鬼門守護に、1月大宮えびす祭
皇大神宮(大阪市) - 伊勢の斎蔵があった地、寝屋川以北の鎮守、三十番神宮とも
八劔神社(鴫野東) - 室町期に熱田の神が蛇・白鳥として顕現、鴫野だんじりと戎祭
賀茂神社(たつの市) - 平安時代の面影ある重文・五社造と「とび拝殿」、ソテツ

由岐神社 - 鞍馬寺の鎮守、京都三大奇祭の火祭、豊臣秀頼再建の割拝殿が重文
蒲田神社(大阪市) - 南北朝期に室の明神を勧請、千年樟、巨樹の切り株に境内社
神津神社 - もとは八幡神社、天正年間の勧請か、1月に十三戎祭、枕太鼓・獅子舞
鹽竈神社(港区) - 仙台藩4代藩主が江戸屋敷に勧請・奉斎、安産守護の霊験
富島神社 - 片桐且元検地に除地と記載された祇園牛頭天王社、7月夏祭り

南長柄八幡宮 - 織田信長の本願寺攻めの兵糧備蓄、水中八幡・鶴の八幡宮、地車囃子
岸和田天神宮 - 南北朝期に八坂神社を勧請、江戸中期に天神を合祀、だんじり祭り
弥栄神社(岸和田市) - 室町後期に神社として整備、9月だんじり祭は春木が宮入り
庄内神社(豊中市) - 大正期に七つの村社が合併、10月に太鼓、1月に庄内戎祭
高浜神社(吹田市) - 次田連の祖神を奉斎、吹田の始まり、吹田大宮・吹田神社

和貴宮神社 - 宮津の地名発祥の宮、もとは港跡「波越巌」、北前船で崇敬広がる
西葛城神社 - もとは深谷神社、明治期に全村合祀、大正期に楠神社の地に遷座
崎宮神社 - 加古川東岸、蛇退治の伝承と洪水除け期待、いわれある三体の神像
大倭物代主神社 - 師衆・諸守大明神、大倭の事代主神か、三輪山の大物主か
高知坐神社 - 曾我山古墳、波多国造ゆかりの古社、精緻な彫刻の本殿、神奈備山

波多神社(明日香村) - 古代波多氏、土佐幡多郡の由来とも、多武峯・冬野城の鎮守
室津神社 - 凡河内直氏と同姓、ではなく賀茂の系譜? 無格社にとどまった式内
春日神社(泉佐野市春日町) - 奈良末期に勧請、南北朝に社殿造営、三社殿、狛犬
春日神社(彼方) - 空海が創建したとも、彼方の宮さん、10月にだんじり祭り
住吉神社(寝屋川市) - 江戸初期に高台の現在地に遷座、伝統の十日戎・ねや川戎

鞆呂岐神社 - 謎多き奥宮、人身御供を連想させる奇習、赤穂浪士の子孫寄進の鳥居
阿閇神社 - 住吉大社の荘園、赤松氏の崇敬、江戸中期の珍しい4棟西向き本殿
粟津天満神社 - 道真伝承残り江戸初期に創建、大正期勧請の戎神社では1月に十日戎
荒井神社(高砂市) - 飛鳥朝の創祀、明治にえべっさん合祀、10月に仁輪加太鼓
春日神社(小野原西) - 奈良期に創祀、平安期に春日社に、10月に神輿と太鼓の巡行

機物神社(交野市) - 渡来の織物生産者の祖神、七夕伝説発祥の中心、7月に七夕祭
星田神社 - 交野大明神、江戸中期から住吉神、本殿は春日移し、平成の世に復興
加茂神社(箱作) - 京都賀茂社の御神体の霊箱が漂着した地、桃山期の本殿
忠岡神社 - 源平期の伝説、金運上昇の御神木「みいさん」、句碑、秋にだんじり
春日神社(田尻町) - 奈良期の開村時に勧請、明治期に吉見藩の陣屋、玉ねぎの碑

船守神社 - 紀氏の系譜、奈良期の紀船守など祀る、天然記念物の大楠、10月秋祭
野田恵美須神社 - 平安後期には存在、松下幸之助が氏子総代、7月に太鼓とだんじり
一之宮社(横浜市) - 戦国期に大宮氷川社を勧請、白髯老神、高台からの眺め
琴平神社(川崎市) - 武州柿生、もとは神明社、江戸後期に讃岐を勧請、平成再建
一言主神社(常総市) - 平安期に大和を勧請、三岐の竹、9月に伝統の花火祭り

つくし野杉山神社 - 江戸後期に、村の鎮守だった杉山・三島・山王の三社を奉斎
岩樟神社 - 水蛭子の生誕地、ここから流された水蛭子が到着したのが西宮神社
八津御嶽神社 - 近未来的なビルの寳生教の神殿、明治末に開始、平成で教導100周年
神明氷川神社 - 道灌勧請の二簸川社、多田神社とともに旧雑色村の鎮守、神明を合祀
伊加加志神社 - 蘇我・葛城・物部氏の祖である日命の姉弟を祀る式内社、消滅古墳も

羽浦神社 - もとは八幡、和耶神社など式内二社を合祀、10月に獅子舞など祭礼
蛭子神社(那賀町和食) - 空海が遷宮、流鏑馬、県指定の天然記念物「ボウラン」
事代主神社(阿波市) - 式内「事代主神社」二社、阿波起源の地近くに出雲族が土着
生夷神社 - 阿波の長田の地、戎が生まれた社とも、「出雲」におわす地名残る
上粕屋神社 - もとの山王社、奈良前期の創建とも、昭和に御霊神社などを合祀

五霊神社(上粕屋790) - 天穂日命など5柱、北条早雲が道灌を合祀、社前は〆引
五霊神社(上粕屋3103) - 天穂日命など5柱、上粕屋神社が合祀の秋山御霊神社とも
勝占神社 - もと海に突き出た半島、義経も祈願、杉尾大明神、10月に勇み屋台
敷島神社(吉野川市) - もとは西宮八幡、式内を合祀した河辺八幡などを合祀
神舘飯野高市本多神社 - 神戸総社、式内三社含む神舘・飯野・高市・本多の各社

楠郷総社神明社 - 南北朝期に楠山城初代城主が信州を勧請、河曲郡式内の見方も
高座神社(山南町) - 丹波国造家の祖神、江戸中期の見事な社殿とフジキ、石鳥居
内神社(松江市) - 風土記記載、式内の奈良朝創立の高野宮、出雲の四祈願所
大森神社(松江市) - 風土記所載の説話、旧地付近に二つの巨石の女夫岩遺跡
阿羅波比神社 - 社名は少彦名命と大己貴命が国造りで宍道湖が「荒亡」で転じる

蟻通神社(かつらぎ町) - 創祀は開化帝、天武帝の時に難題、以後は著名な知恵の神
知波夜比古神社(高杉町) - 毛利元就が攻め落とした城址、元就自身が再建の本殿
児守稲荷神社 - 松江城内女中の信仰「こども稲荷さん」、松江の三大稲荷
諏訪大神社(横須賀市) - 南北朝後期に信州勧請、祭祀は三浦氏から村人へ
宮内神社(西条市) - 大三島を勧請した周敷宮内・津宮周敷大明神、雨乞いに霊験

森戸大明神 - 頼朝が勧請、七瀬祓とみそぎ橋、9月例祭で渡御と浜降り、6月潮神楽
建布都神社(市場町) - 平地祠・平治権現「おへーしさん」、式内比定で改称
建布都神社(土成町) - 杉尾社、北八幡宮とも呼ばれた式内論社、西宮神社と合併
八幡神社(阿波市市場町香美八幡本) - 式内・建布都神社の論社の杉尾大明神を合祀
大国玉神社 - 田原天神とも、壱岐全体の国魂を奉斎か、未発掘の前方後円墳2基

左肆布津神社(芦辺町) - 平江大明神「おひらえ様」、壱岐郡式内二社の一つ
國神社(岡山市) - 国司祈年所祭社、国魂の斎場、江戸期には国守八幡宮の相殿
大神神社(岡山市) - 奈良を勧請、『延喜式』にも四座とある土師宮、二摂社も名社
鴨布勢神社(上仁保) - 神名帳記載の6ヶ村の大氏神の六座神社、六の宮、六社神社
鴨布勢神社(多賀) - 元禄期の本殿、式内論社、神名帳記載、もとは「紫明現」

布勢巨神社 - 竜天山山頂、式内・布勢神社の古社地、神名帳所載の晴雨を司る神
巨椋神社 - 巨椋池のほとりで巨椋氏の祖神奉斎、後に春日明神、境内に子守神社
氷川神社(松江市) - 平安前期の勧請、式内論社などを合祀、10月相撲、7月祇園祭
鞍岡神社 - 平安中期に北野天満宮を勧請した天神・天満宮、江戸中期再建の本殿
高爪神社 - 高爪山が御神体山、利家が十一面観音を安置、鎌倉期の懸仏と仏像

藤塚神社 - 平安末期創立の山王社、5月例祭は幕末から続くおかえり祭り
曽尾神社 - 奈良初期の創立、往時は三十八所蔵王大権現とも、境内二社と磐座
御方神社(若狭町) - 石観音に隣接、郡神明神などとも呼ばれた三方湖の神を祀る
香山神社 - 開拓の祖神、天香山命を祀る、摂社に天日矛祀る同規模の牛尾神社
静志神社 - 父子は静志、静石の転訛で、出石と同義か? もと蔵王権現、式内認定

許禰神社(森町) - もとは木根棚指村の一丈岩、10月には4台の二輪山車の祭り
伊加麻志神社 - 標高300メートルの益山の頂上、養伽山益山寺の境内奥、三島明神
幡井神社 - 奈良後期の勧請、もとは機織の神か、本殿の精緻な彫刻、大タブノキ
三島神社(伊東市赤沢) - 事代主命の巡幸途次に御神徳に浴した地、式内論社とも
伊志夫神社 - もとは石火、火打ち石、岩で火を燃やして奉斎、火災が多く火を部に

仲神社(松崎町) - 旧那賀郡の中心的な社、伊那上神社に合祀で高根明神、復社
荒砂神社 - 式内論社、山中鹿之助が祈願、『Free!』の聖地、美しい海と向島
日野神社(岩美町) - もとは『和名抄』日野郷、日野谷の地、アニメ『Free!』聖地
池宮神社 - 桜ヶ池の「龍神様」とおひつ納め、江戸中期の社殿、国道近くの大鳥居
宇久須神社 - 大楠が宇久須に転訛した三嶋大明神、大久保長安が奉納した釣灯籠

阿知江いそべ神社 - 阿知江峠と磯部川の名がついた式内の白髪大明神、織物の守護神
皇足穂命神社諏訪社合殿 - 三韓征伐時に諏訪を皇足穂ノ宮に勧請、江戸前期本殿
須須岐水神社(千曲市) - もとは式内・祝神社、須々岐水神も国史見、7月茅の輪まつり
伊那上神社 - 平安初期勧請、西伊豆第一、伊豆五大社の一つ、11月秋祭り奉納相撲
舟寄神社 - 神功皇后の艦を守護したとも、11月三番叟や江奈太鼓、1月に弓祭り

長谷神社(長野市) - 信濃長谷寺の南の下社、八聖大神を祀る上社は長谷寺境内に
粟狭神社 - 旧船山郷9ヶ村の総社、鎌倉期の旧本殿、御柱祭、完全空洞の大ケヤキ
清水神社(田野口) - 村内に豊富な湧き水、下流域の用水支配、幕末の拝殿彫刻
頤氣神社(小島田町) - 千曲川西岸、犀川との間、川中島の戦いで荒廃、洪水との戦い
頤氣神社(松代町) - 雄略朝の創祀、洪水で数度の遷座、森可成追い出しの伝承

旦飯野神社(新潟市) - 古くから大社・若宮八幡宮、現在地の諏訪神社と合併して改称
佐波神社(西伊豆町) - 三島宮と八幡宮の式内二座、11月江戸初期以来の人形三番叟
伊米神社(湯沢町) - 三国三宿の一つ、御神体山・苗場山の里宮、式内論社とも

【主な御神徳(ご利益)】
五穀豊穣・商売繁盛、海上安全、漁業守護、交渉成功

【関連キャラ】
コトシロヌシ - 言霊・知恵の神様も国譲りでは敗退