おっことぬし縦480px

古事記にはジブリ『もののけ姫』に出てくるイノシシの神様おっことぬし様のような動物神がたびたび出てきますが、これはその最初のシーン。半島に出兵して、子どもを産むのを帰国するまで我慢した神功皇后が、九州で無事出産し、さて、その御子ともども都に戻ろうとした時、都に残っていた一部の人々が反逆します。香坂王(かごさかのみこ)と忍熊王(おしくまのみこ)による反乱です。反乱に際して、二人は占いのために猟をしますが、その際、香坂王がおっことぬし様に食われてしまいます。香坂王と忍熊王の前に現れたおっことぬし様が放ったと思われる一言がこれ。一人となった忍熊王はそれでも神功皇后・応神天皇側に反逆を企て、戦いを挑みますが、最後は琵琶湖まで追い詰められて、入水自殺を遂げることになります。

【この一言の出典】
応神天皇、都が不穏で棺の中に入って大和に帰国 反乱軍を騙し討ちで討伐

おっことぬし - ぶっちゃけ古事記のタグ
12.神功皇后 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

おっことぬし「使いじゃねーよ、神だよっ」 - ヤマトタケルに対して
おっことぬし「あんま調子こくでねーどっ」 - 雄略天皇に対して

【関連キャラ】
おっことぬし - 古事記に時々登場するイノシシな神