神功皇后縦480px

神功皇后が神懸りになった時、神の声として、熊襲ではなく海を渡れと命じられた時、仲哀天皇は「やだっ」と答えましたが、臣下の建内宿禰のとりなしもあり、仲哀天皇は心を入れ替えようとしましたが、弾く琴がいい加減だったため、神罰が下ることになります。神懸りの神功皇后は一度はキレますが、冷静に考えると、暗闇の中。何をやっても誰にもわからないことに気づきます。その際に心の中でつぶやいたと思われる一言。この一言の後、琴の音が鳴らなくなり、部屋の火をともしてみると、仲哀天皇は急死していました。

【この一言の出典】
“神”の逆鱗に触れ、暗闇で急死する仲哀天皇 祟りおそれ大赦の嵐へ

神功皇后 - ぶっちゃけ古事記のタグ
12.神功皇后 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

神功皇后「カッチーン…この、KYめっ」
建内宿禰「やっべ、逆鱗触れた…」

【関連キャラ】
神功皇后 - 三韓征伐の英雄は息子を溺愛する魔性の女?
建内宿禰 - 応神の本当の父? 波乱呼ぶ伝説的人物