火遠理命(ほおりのみこと=山幸彦(やまさちひこ))縦480px

サクヤによる火中出産で生まれた、天孫ニニギの子・山幸彦は、兄・海幸彦によるいじめに途方に暮れていましたが、ある神様のアドバイスにより、竜宮城に到着。そこで、竜宮城の姫・トヨタマと結婚。幸せに暮らしました。おしまい。ではなーい。結婚生活三年目、山幸彦、思わず竜宮城に来た目的を思い出し、大きなため息をつきます。そのため息を見たトヨタマが心配して父のワタツミと相談。ワタツミが山幸彦を助けるために色々なひみつ道具を次から次へと出します。その時につぶやいたと思われる一言。

【この一言の出典】
竜宮城の王様に与えられたヒミツ道具で、兄・海幸彦を屈服させる弟・山幸彦

山幸彦 - ぶっちゃけ古事記のタグ
7.海幸彦と山幸彦 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

ワタツミ「タケコプター! ではなくってっと」

【関連キャラ】
山幸彦 - 神武の祖父は竜宮城に行く、浦島太郎?
ワタツミ - 竜宮城の王で山幸彦のドラえもん的存在