仁徳天皇縦480px

皇后イワノの旅行中のヤタノとの浮気がばれ、イワノが激怒して家出してしまった際、仁徳天皇が使者に持たせた歌の一節の超訳。一夫多妻が当たり前のこの時代に真っ向から対峙したイワノもすごいですが、女好きのくせして、ヨメに頭上がらずおろおろする仁徳天皇もどうかと。この歌含め、とにかく仁徳天皇、イワノのご機嫌取りに始終して、合計三つの歌を送ります。それでも怒りが収まらないイワノは帰ろうとはせず、家出先に滞在したまま。仁徳天皇、やむなく家出先にイワノを迎えに行きます。

【この一言の出典】
皇后に浮気ばれて家出された仁徳天皇 嫁を追いかけるも、でも愛人も大事!

仁徳天皇 - ぶっちゃけ古事記のタグ
14.仁徳天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

イワノ「遊びすぎると、家出すっよ!」 

【収録歌】
仁徳天皇、家出した皇后イワノに、許して~、と歌った歌

【関連キャラ】
仁徳天皇 - 古事記中盤の主役はやはり女好きの御仁
イワノ - 古代日本最強の姫は、史上初のツンデレ?