ついつい寝入っちまったが~
寝ると分かっていたなら、
屏風を持ってきたものを~
寝ると分かっていたなら~

歌い手:履中天皇
出 典:酔いつぶれて寝ていた御殿を放火された履中天皇 家臣に寝たまま担がれて逃走~
章立て:15.履中天皇

一般的にも、古事記でもそれほど有名とは思われない履中天皇ですが、歌は三首残しています。いずれも弟に反逆された時の歌ですが。。これはその第一首目。

酔っぱらって寝ている時に、反逆した弟にいきなり火をつけられ、臣下に抱えて難を逃れ、その途中、ようやく目を覚まして事態を把握した時の歌です。

天皇が寝ているところに火をかけられれば、周囲は当時最大音量を出してのてんやわんやだったはず。かなり泥酔して爆睡していたんでしょうね。

ちょっとお間抜けですが、この三首ともそうした意味では少しKY的なところでまとまっている、という特徴もあります。特にこの第一首目では、まだ起き立て、寝ぼけている感が漂っています。

この歌からは寝たことに対して悔やんでいる様子が伝わってきます。古事記ではなぜ弟が反旗を翻したのか詳細は語られていませんが、この歌からは寝たこと=油断したことの口惜しさが垣間見えます。

履中天皇、反逆された時の歌、二首目に続きます。

※下記は、現代語譯 古事記 稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳による現代語訳。上のぶっちゃけ訳とも見比べてください。

タヂヒ野で寢ようと知つたなら
屏風をも持つて來たものを。
寢ようと知つたなら。

【古事記の傾向と対策】古事記に収録されている歌113首の索引、リンク集

【関連記事】
【古事記の傾向と対策】“反逆”が多すぎる古事記は、本当に天皇家を顕彰しているのか?

前へ | 歌一覧 | 次へ