オレっちの愛しい女鳥王が織っている着物は、
いったい誰を思ってのこと~

歌い手:仁徳天皇
出 典:ヨメ恐がりすぎて女に愛想つかれる仁徳天皇 それが反乱の引き金になろうとは…
章立て:14.仁徳天皇

仁徳天皇縦480px仁徳天皇が求愛していた異母妹・女鳥王(めどりのみこ=メドリ)に向けた歌。

これより以前、メドリを自分のものにしたいと考えた仁徳天皇は、別の異母弟の速総別命(はやぶさわけのみこ=ハヤブサ)に頼んで、メドリに打診したところ、メドリは仁徳天皇を振り、ハヤブサとデキてしまいました。

このことをハヤブサは仁徳天皇に報告できないまま、仁徳天皇とメドリが直接出会ってしまい、この歌につながります。仁徳天皇が通りかかると、ちょうどメドリが織物をしているところ。

そう考えると、メドリの気持ちはすでに固まっているのに、仁徳天皇ただ一人、まだ脈があると考えていたわけで、何とも間の抜けたお話になります。

メドリがこの歌に返答するのが次の歌です。仁徳天皇、それで完全にフラれることになります。

※下記は、現代語譯 古事記 稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳による現代語訳。上のぶっちゃけ訳とも見比べてください。

メトリの女王の織つていらつしやる機は、
誰の料でしようかね。

【古事記の傾向と対策】古事記に収録されている歌113首の索引、リンク集

【関連記事】
【古事記の傾向と対策】“NTR”は古事記のカンフル剤 ラブロマンス・オペラのゆえん
【古事記の傾向と対策】ラブロマンス・オペラ古事記でなぜ“兄妹愛”が主旋律なのか

【関連キャラ】
仁徳天皇 - 古事記中盤の主役はやはり女好きの御仁
メドリ - 仁徳天皇を振った女、反逆して誅される
ハヤブサ - 天皇が見初めた姫とデキて反逆する皇子

前へ | 歌一覧 | 次へ