山城で追いつけ、鳥山よ。
追いつけ、追いつけ。
オレっちの可愛い妻に追いついて、
会ってくれよな。

歌い手:仁徳天皇
出 典:鬼の居ぬ間に何とやら 仁徳天皇、嫉妬深い皇后が旅行中に浮気三昧の日々
章立て:14.仁徳天皇

仁徳天皇縦480px仁徳天皇の皇后・石之日売命(いわのひめのみこと=イワノ)が、旅行に出ている間に、仁徳天皇が八田若郎女(やたのわきいらつめ=ヤタノ)と浮気、その浮気を知ったイワノが家出。それを知った仁徳天皇が慌ててイワノのもとに使者を遣わした時の歌。

素朴ながら、大変だ~、という仁徳天皇の思いが伝わってくる歌です。

しかし、カミさんの家出に狼狽える天皇って。。どこまで天皇をコケにするのでしょうか、古事記。

最愛の妻、という認識はあったのでしょうか。であれば、少し女癖を直せばよいのに。。

この時の使者は鳥山という舎人。身分の低さもあったのでしょうか、まだまだ心配だったのでしょうか、仁徳天皇、これに続き、立て続けに使者を送ります

その慌てっぷりは、現代のコントでも通用しそうです。

この静かなる戦い、イワノ二首、仁徳天皇四首の計六首の歌は静歌(しずうた=志都歌)の歌返しと呼ばれています。

【一言切り取り】
仁徳天皇「うっそ? やべ~」

※下記は、現代語譯 古事記 稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳による現代語訳。上のぶっちゃけ訳とも見比べてください。

山城に追い附け、トリヤマよ。
追い附け、追い附け。
最愛の我が妻に追い附いて逢えるだろう。

【古事記の傾向と対策】古事記に収録されている歌113首の索引、リンク集

【関連キャラ】
仁徳天皇 - 古事記中盤の主役はやはり女好きの御仁
イワノ - 古代日本最強の姫は、史上初のツンデレ?

前へ | 歌一覧 | 次へ