山城の川をさかのぼっていくと~、
奈良を過ぎ、もっと南の大和を過ぎて~
私が見たいと思っているのは葛城~
その高い宮に私の故郷がある~

歌い手:石之日売命(いわのひめのみこと=イワノ)
出 典:鬼の居ぬ間に何とやら 仁徳天皇、嫉妬深い皇后が旅行中に浮気三昧の日々
章立て:14.仁徳天皇

石之日売命(いわのひめのみこと=イワノ)縦480px仁徳天皇の皇后イワノが、旅行に出ている間に、仁徳天皇が八田若郎女(やたのわきいらつめ=ヤタノ)と浮気、その浮気を知ったイワノが家出します。その途中で歌った歌。

イワノは葛城氏の出身。当時大変な権勢を誇っていたと思われる豪族です。さらにイワノの祖父は泣く子も黙る宮廷の実力者、建内宿禰大臣(たけうちのすくねのおおおみ=建内宿禰)。

そんなサラブレット姫の気概を覗かせる歌です。

あえて葛城の実家のことを歌ったのは、明らかに仁徳天皇にプレッシャーをかけるため。当時の結婚は、家同士のものという意識が極めて強く、天皇家としても、有力豪族である葛城氏を敵にまわるのは得策ではなく、イワノの行動次第では、最悪そのような事態にもなりかねません。

当時の天皇家がオンリーワンの家系ではなかったことを示す歌やその背景でもあります。

浮気を知った時の歌と比べて、そうした意味ではイワノの強気の姿勢がうかがえる歌となっています。

この静かなる戦い、イワノ二首、仁徳天皇四首の計六首の歌は静歌(しずうた=志都歌)の歌返しと呼ばれています。

※下記は、現代語譯 古事記 稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳による現代語訳。上のぶっちゃけ訳とも見比べてください。

山また山の山城川を
御殿の方へとわたしが溯れば、
うるわしの奈良山を過ぎ
青山の圍んでいる大和を過ぎ
わたしの見たいと思う處は、
葛城の高臺の御殿、
故郷の家のあたりです。

【古事記の傾向と対策】古事記に収録されている歌113首の索引、リンク集

【関連キャラ】
イワノ - 古代日本最強の姫は、史上初のツンデレ? 
仁徳天皇 - 古事記中盤の主役はやはり女好きの御仁

前へ | 歌一覧 | 次へ