弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと=オトタチバナヒメ)

旦那のヤマトタケルが、東国遠征において、どうしても進めない海に面した時、身を挺して海の道を切り開いたオトタチバナ。死後、オトタチバナの櫛が浜辺に打ち上げられた時、それを見つけたヤマトタケルに対して、天国からオトタチバナが語り掛けたと思われる一言。ヤマトタケルはその櫛を丁重にお祀りしました。

【この一言の出典】
ヤマトタケル、妻の一人を泣く泣く犠牲に「ああ、わが妻よ」⇒あずま=関東

オトタチバナ - ぶっちゃけ古事記のタグ
11.ヤマトタケル - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

【古事記を彩る姫たち】オトタチバナ - ヤマトタケルの愛をもらい、夫を支えた賢妻

【関連キャラ】
オトタチバナ - 東国のヤマトタケルの妻といえばこの人
ヤマトタケル - はっちゃけ皇子の英雄譚、最期は?