沼河比売(ぬなかわひめ=ヌナカワ)

オオクニヌシが越の国に美女がいると聞いて、辛抱たまらず夜這いに出かけて歌を歌ったものに対する、美女ヌナカワの二つ目の返歌の一節。一つ目の締めの節と同様、ヌナカワちゃんの前向きな、明るさが伝わってくる節。こんなこと言われたら、オオクニヌシに限らず、男ならもう辛抱たまらんだろうな~

【この一言の出典】
「イイ女がいる? どこでも行くよーん」オオクニヌシ、全国飛び回る

ヌナカワ - ぶっちゃけ古事記のタグ
4.オオクニヌシ - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

【古事記を彩る姫たち】ヌナカワ - 臨場感溢れる恋愛オペラの主役、積極的すぎる姫

【収録歌】
ヌナカワ、一転、オオクニヌシの求愛を受け入れた歌

【関連キャラ】
ヌナカワ - 臨場感ありすぎる恋愛劇のヒロイン